iOS8.0検証②

前回、確認した弊社サービス「スマートフォンでVPN」でiOS8.0が使えるかの確認ですが、

リモートデスクトップのアプリがiOS8.0に対応しておらず、動作がおかしかった状態でしたが
アプリがバージョンアップして、無事iOS8.0にも対応になりました!!

前回おかしかった
> リモデ通信の切断ができなかったり
> 本体横向きにすると字が打てなかったり、、、

も無事解決。問題なく動作しました。

ちなみに
アプリが対応して、iOS8.0で動作確認したあとすぐにiOS8.1のリリースが決まったので
8.1で再度確認となり、2度手間となりましたが、、、こればっかりは仕方ない、、

ということでタイトルは8.0対応ですが、8.1もOKです。

いままでの経験上、
マイナーバージョンアップ(iOS8.0→iOS8.1 等)の時は大抵の場合、動作しないなんてことはないんですが、もしものこともあるので勿論ちゃんとチェックはします。
OSがバージョンアップして、バグが修正されたり機能が増えたりするのはうれしいんですが
その都度検証となるので、大変と言えば大変です。
まぁ、アプリ開発と比べれば大したことではないんですが、、、

iOS8.0検証

9/17 リリースされたiOS8.0ですが
弊社サービス「スマートフォンでVPN」および「VPNソリューションパック モバイルオプション」
で利用可能かチェックしました。

確認した端末はちょい古めの端末「iPad2」と「iPhone4s」です。
(iPhone4でも確認しようとしたら、iPhone4 は8.0未対応らしい、、、、)

で、確認結果ですが
まず、「VPN接続」は問題なし。(設定項目自体も変わり映え無く)

で、リモートデスクトップアプリを確認したところ
アプリがまだ対応していないためか
動作が色々あやしい、、、
リモデ通信の切断ができなかったり
本体横向きにすると字が打てなかったり、、、

OS自体のあんまり変わってないので(少なくとも6.0→7.0に比べれば)
大丈夫かと思いましたが、、
残念ですが、こればっかりはアプリの対応を待つしかないですが・・・

※ただ、色々調べてると、さまざまな(リモデ以外の)アプリで不具合報告でてるっぽいですね。
開発者の皆様、新OS対応大変かと思いますが頑張ってください、、

国内企業向けルータのシェア

ちょっと前の記事で企業向けルーターのシェアを調査していました。

日経NETWORK(日経BP社) 「ネットワーク実態調査2014」
http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/newsrelease/newsrelease20140728.shtml

この調査によると、ルータについては
ヤマハ シスコが強いですね。

個人的な感想としては

・アライドが意外に少ないなぁ
(ただ、最近のアライドのwebやカタログ見てると、スイッチ一色な感じなので
まぁこんなもんかもしれないですね、、、)

・バッファロー(恐らく家庭向け)が多いなぁ・・

・コレガってまだルータ出してたっけ???

で、弊社のVPNソリューション 「VPNソリューションパック」で使用しているルータは
センチュリーシステムズのVPNルータなのですが
シェアが1.6%

ヤマハ(27.2%)やシスコ(22.0%)に比べると低いですが
メーカ名の認知度からすると結構検討しているほうかな??という印象。(ひいき目?)
※2014/9/3追記:ちなみに、センチュリーシステムのルータは、NTTComのUniversalOneのターミナルにも採用されていますが、その分は、OEM扱いとして、カウントされてない可能性が高いです、、

ちなみに、ヤマハ>シスコ
となったのは
・価格の違い(ヤマハのほうが安い)
・純国産メーカ(マニュアル、サポートが安心できそう)
なところかなと勝手に想像してますが

センチュリーシステムズもそういった意味(価格、国産)では十分勝負できるメーカとは思ってます。
なので弊社ソリューションでも利用しております。

2014年8月13日のWindows Updateに不具合 PCが起動しなくなる事も?

どうやら、またMicrosoftのアップデートでやらかしちゃったようです。

———————————————————————————————–

ブルースクリーンが2014年8月のWindows Updateで発生・起動不能の可能性、マイクロソフトがアンインストールを推奨

>マイクロソフトは8月13日(水)に公開したWindows Updateの最新版MS14-045のアンインストールをユーザーに対して推奨することを発表しました。このパッチをインストールすると、青い画面にエラーメッセージが表示される通称「ブルースクリーン(Blue Screen of Death)」が発生してPCが起動できなくなる可能性があります。

(参考元:GIGAZINE http://gigazine.net/)

———————————————————————————————–

とりあえず、該当の更新プログラムの削除が推奨されているようです。

いろいろ調べてると、すぐに現象がでず、後々PCが起動しない等の現象が発生することが
あるようですので、今は大丈夫であっても対応はしたほうが良さげ。

事務所のPCも今朝早速全台対応しました。

また、お客様から「PCが起動しなくなった」なんて話も聞いているので(今回の件が原因かは不明ですが・・)、現象の再現性はかなり高いのでは と思われます。

お盆明けにばたばたしてる中で、システム管理者泣かせなタイミングで起きてしまいましたが
該当の更新プログラムを削除、もしくは無効化する、更新プログラム
をMicrosoftが提供してくれたらいいのにな、、、
なんて思うのは私だけでしょうか。。。。

会社説明会でプレゼン

今日はちょっと、いつもと毛色の違う内容になりますが

今日、愛知県の人材育成事業での会社説明会をしてきました。
約1時間の中で、VPNの話や、会社のサービス内容、業務内容を説明してきました。

私は一応ネットワークエンジニアなので、会社の中の分担・役割としては
プレゼンとかやることはほぼなく、
実はプレゼン自体やるのは初めてだったんですが
ものすごく緊張しました。でも、なんとか無事終えることができました。
ちょっと色々詰め込みすぎた感もありましたけど、、、

出来るだけ専門用語は使わず、わかりやすいようにやらせてもらったつもりですが
ちゃんと伝わってるといいな。。。
(VPNとかは難しかっただろうな、、、、)

ただ、今回のプレゼンの準備の段階や、実際のプレゼンを経て
自分自身「わかりやすく伝える」みたいなのは、改めて勉強になりましたし
今後の業務にも役立てられるなと実感しました。

また、今回自身がないので練習もたくさんしましたが
練習の大切さも改めて(忘れていたわけじゃないけど)思いましたし、
本当に色々勉強になりました。

今回こういう機会を与えてもらったことに感謝。

また明日からがんばるぞ!!!!

Blog

Window8タブレットからリモートデスクトップで文字入力

Windows8を使って、リモートデスクトップ接続する場合
Surface等、キーボードのないタブレット系端末からだとソフトウェアキーボードを使って
文字入力することになりますが
Windows8の「初期設定」だと、日本語入力ができません。

というのも
初期設定だと↓のようなソフトウェアキーボードが標準で動作していますが

001

このソフトウェアキーボードは、Windows8以外では正常に動作しません。
具体的には
109キーボードの「半角/全角」にあたるキーがないため、英語⇔日本語の切り替えができません、、、
なので、リモートデスクトップ接続先のPCがWindows8なら良いのですが
Windows7等に接続した場合は、英語⇔日本語の切り替えができず正しく入力ができません。
(マウスで都度IMEを切り替えれば別ですが)

でも、これはあくまでWindows8の初期状態では の話なので
設定を変えれば問題なく入力可能になります。

設定方法は
チャームから「設定」→「PCの設定の変更」→「PCとデバイス」→「入力」
と開いて、
「ハードウェアキーボードに準拠したレイアウトをタッチキーボードオプションに追加する」
をオンにすればOKです。

003_2

こうすると、109キーボード相当のソフトウェアキーボードが利用できるようになるので
リモートデスクトップ接続後も通常通り文字入力が可能です。
(Fnキー押せばF1~F12も入力可能です)

005

リモートデスクトップを例にはあげましたが、このキーボードはもちろんリモートデスクトップ以外でも使用可能なので、リモートデスクトップ以外のアプリケーションを利用していて
初期のキーボードが使いづらいと思っている場合にも有効です。

センチュリーシステムズ 新VPNルータ NXR-G100 検証⑤

NXR-G100での検証の続きです。

今回はVPNのスループット測定。

測定は以前XRシリーズとNXRシリーズとの速度比較の時と同じ、iperfを使って測定、、、と思ったんですが
今回の検証用のPCではなぜか動作せず、、、(TT)

仕方ないので、Windowsのファイル共有でダミーデータのダウンロードをダウンロードして測定。
なので、前回の結果とは測定方法が違うので結果にとちょっとズレがあるのでその辺はご容赦ください。

検証の構成①
1)センタ拠点側
フレッツ光ネクストハイスピード 隼
NXR-120/C(Fastforwardあり) 
2)フレッツ光ネクストハイスピード
NXR-120/C(Fastforwardあり) 

検証の構成②
1)センタ拠点側
フレッツ光ネクストハイスピード 隼
NXR-120/C(Fastforwardあり) 
2)フレッツ光ネクストハイスピード
NXR-120/C(Fastforwardなし) 

検証の構成③
1)センタ拠点側
フレッツ光ネクストハイスピード 隼
NXR-120/C(Fastforwardあり) 
2)フレッツ光ネクストハイスピード
NXR-G100(Fastforwardなし

センタ拠点側のPCから以下サイズ、戸数のダミーファイル
100KB x 1000
1MB x 100
100MB×1
をダウンロードして、その時のスループットを比較。

で↓が結果

<colgroup><col width="158" style="WIDTH: 119pt; mso-width-source: userset; mso-width-alt: 5056" /><col width="110" style="WIDTH: 83pt; mso-width-source: userset; mso-width-alt: 3520" /><col span="2" width="105" style="WIDTH: 79pt; mso-width-source: userset; mso-width-alt: 3360" /></colgroup>

  100KB x 1000 1MB x 100 100MB×1
構成① 120 FFあり 4.7 19.8 31.7
構成② 120 FFなし 3.8 8.5 15.4
構成③ G100 FFなし 4.9 12.8 15.8
(単位:Mbps)

インターネットの速度は、fastforwardなしのG100でも十分速かったんですが
VPNの場合、fastforwardがないとちょっとさみしい結果になりました。
※測定時、フレッツ網が混んでたのか、測定しているPCの問題なのかそもそも速度があまりでませんでした、、

fastforwardなしのままでは、うちのサービス(VPNソリューションパック)としてのリリースはちょっと厳しいかなぁ と言った感じですね。
6月以降で、fastforwardが対応になると聞いているので、その時再測定して判断かな。
(さすがにその時は120より速いはずだけど)

対応していない機能(route base ipsec 等)もあるので、今後のファームのバージョンアップに期待ですね。

センチュリーシステムズ 新VPNルータ NXR-G100 検証④

NXR-G100でのインターネットのスループット測定の続き。

前回、フレッツ光ネクスト ファミリー ハイスピードタイプで測定しましたが
今回は光ネクスト ファミリー ハイスピードタイプ隼(最大概ね1Gbps)で測定します。

前回も書きましたが、うちの会社には隼の回線がないので
自宅の回線を使って測定。
よくよく考えたら、自宅の速度ってちゃんと測ったことなかったのでいい機会といえばいい機会。

ハイスピードタイプの時は、理論値に近い速度がでていたのでかなり期待をして
測定しましたが

■結果
———————————————
NXR-120/C(FastForwardなし)
    下り・・・・平均45Mbps  上り・・・・平均34Mbps

NXR-120/C(FastForwardあり)
    下り・・・・平均105Mbps  上り・・・・平均102Mbps

NXR-G100
    下り・・・・平均175Mbps  上り・・・・平均170Mbps
———————————————

Photo

会社のハイスピードタイプとあまり変わらない、、、、

そもそも家の隼がここまでしかでてないのか、はたまたG100の限界なのか、、、、
FastFowordが使えるようになったらまた測ろう、、

以前(と言っても4年前)にフレッツ光ネクスト エクスプレスタイプ(こちらも最大1Gbps)で測定したときは、上りだと500Mbpsオーバーだったんですけどね、、、
(それでも170Mbpsでてれば十分ではありますが)

センチュリーシステムズ 新VPNルータ NXR-G100 検証③

NXR-G100の検証の続き。

今回はインターネットの速度測定をしてみます。
現時点ではFastForwardがない、G100ですが
NXR-120/Cとどれだけ違いがあるか確認してみます。

検証環境/方法としては
・回線はフレッツ 光ネクスト ファミリー ハイスピードタイプ(最大200Mbps)
・速度測定サイトを使い測定。
速度測定システム Radish Networkspeed Testing
測定サイトのパラメータは以下で測定
 ※マルチセッション版利用
 ※測定精度 高
 ※接続数16
・NXR-120/Cは、FastForwardの有無でそれぞれ測定。

■結果
———————————————
NXR-120/C(FastForwardなし)
    下り・・・・平均48Mbps  上り・・・・平均37Mbps

NXR-120/C(FastForwardあり)
    下り・・・・平均141Mbps  上り・・・・平均88Mbps

NXR-G100
    下り・・・・平均179Mbps  上り・・・・平均164Mbps
———————————————

G100速い、、、
FastForwardなくても速いじゃん

ちなみに現時点(5/7)では、スループットの上限値がメーカ公式webに乗っていないので
どこまで速度でるか不明ですが、
結果だけ見ると、回線(フレッツ)がボトルネックになってるっぽいので
光ネクスト ファミリー ハイスピードタイプ隼(最大概ね1Gbps)で測ってみたいですねぇ。

でも、会社の隼の回線がないので、我が家の隼で測定しようかな、、、

VPNの速度も検証予定でしたが、
検証構成をもう一度検討しないといけないなぁ(隼-隼にするとか)

G100pppoe

センチュリーシステムズ 新VPNルータ NXR-G100 検証②

前回に引き続き、NXR-G100の設定/検証を行っています。
評価機のためまだ手元にマニュアルがないので、探りながらの確認になりますが
基本設定、コマンドは今までのNXRシリーズと同じようなので
同じように設定テスト。

インターネットの設定や、VPNの設定は基本的に、同じ設定で大丈夫な様子。
ただ、一部、仕様変更や動作しない機能がある様子。

 ①ランプの設定
 →そもそもハードウェア的にランプが変わっているので同じ設定が不可
  メーカからマニュアル入手できれば解決?

 ②シスログの機能が一部機能しない(シスログの内容をメールで飛ばせない)
 →バグっぽい?
  メーカ確認した結果、正式リリース時のファームで改善予定

 ③前回も書きましたが、fast-forward 機能がない
 →メーカ確認した結果、6月~7月リリース予定のファームで追加予定?

 ④2014/5/8追記:route based IPsec にも対応していない様子。

などがあるようです。
②は設定自体はできちゃうので、早めに気づいてよかったですが・・・
引き続き、VPN設定をいろいろ試してみようと思います。