Windowsアップデート後、リモートデスクトップが接続できない

なんかまたアップデートがらみで、仕様という名の不具合がでてます。

どうやら、アップデートの影響でリモートデスクトップに接続できなくなるみたいです。

詳細は↓に書いてあるので割愛しますが

https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/02/2018-05-rollup-credssp-rdp/

簡単に書くと

Windowsアップデートしてないサーバに対して、Windowsアップデートしちゃったクライアントからリモートデスクトップができなくなる

ってことのようです。

クライアントOS(Windows7とか)は比較的、ちゃんとアップデートしているケースが多いと思いますので

クライアントOS間であれば問題ないと思いますが

サーバOSの場合、アップデートすると逆にアップデートしないで運用していることも多いと思いますが

この場合リモートデスクトップできなくなるみたいです。

抜本的な解決方法としては、ちゃんとサーバ側もアップデートしろってことのようですが

アップデートすると別の不具合出ちゃうかもしれないじゃん!!!って思ってる管理者が大多数かと思いますが

一応、そのため(?)にセキュリティレベルは落ちますが、別の回避策があります。

https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/02/2018-05-rollup-credssp-rdp/

の 4. 回避策 を参照してください。

(クライアント側とサーバ側でそれぞれありますが、どっちかだけで良いようです。)

 

ただ、弊社のお客様の何社かで起きてますが、

上記の方法で回避はできるんですが、クライアント側でリモートデスクトップ(というよりRemoreAPP)のID/PASSを保存してる場合、このID/PASSがリセットされてしまう場合が

あるようです。(リセットされてるんで、結局リモートデスクトップつながらないみたいな)

回避策実行したのに解決しないじゃん って思いそうですがが(少なくとも私は思いました)、ID/PASS入れたらつながるのでその辺はご注意を。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です