「フレッツv6オプション」を使ったIPv6のVPNのテスト③

 

前回からの続きでv6でのVPNテスト最終回です。

前回までで、とりあえず「フレッツv6オプション」を使ったVPN環境の構築まではできましたので
v4との比較でどれくらい速度に変化があるか測定してみたいと思います。

尚、今回の結果は、あくまで弊社の環境(回線、LAN環境、測定PCの性能)での測定結果
になりますので、参考値として読んでもらえればと思います。

 

■環境

・v4環境
ルータ①
回線:フレッツ光ネクストファミリー隼 ひかり電話なし
エリア:愛知県
WAN環境:OCN IPv4 PPPoE接続

ルータ②
回線:フレッツ光ネクストファミリー隼 ひかり電話あり
エリア:岐阜県
WAN環境:OCN IPv4 PPPoE接続

・v6環境
回線、エリアともに同じ環境
ルータ①
WAN環境:「フレッツv6オプション」 ネーム利用あり

ルータ②
WAN環境:「フレッツv6オプション」 ネーム利用なし

 

■測定方法
1)ルータ①配下にある、ファイルサーバ(WinSV)から、ルータ②配下のPC(Win10)
1GByte のファイルをコピー
その際のWindows上での速度を記録

2)PCAUSAのTest TCP (PCATTCP) というフリーのツールを使い測定

 

■測定結果
1)
・IPv6
約8MB/s=約64Mbps

・IPv4
約3.6MB/s =約28Mbps

 

2)
・IPv6
約48Mbps

・IPv4
約23Mbps

 

 

※測定する時間はいろいろ変えてみましたが、たまたま混んでない日だったのか
時間帯による変化はほぼありませんでした。
夜間遅いときに計りたかったのに、こういうときに限って混雑してないという・・・・
ただ測定した日は、それぞれのルータがつながっている網終端装置は「それなりに」混んでいる とNTT/プロバイダからは聞けています。

測定方法によって、値は結構ことなりますが(特にv6)
おおむねv4の倍の速度が出ているようです。思った以上に良い結果ですね。

「フレッツv6オプション」の場合、NTT東西間は接続できないことや、インターネットの速度遅延は解決されない

等の問題はありますし

この後の弊社でのサービス化についてはまだ準備/確認これからですが、現状困っているお客さまに対しての

解決策となればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です