弊社サービス利用時の光コラボレーションモデルへの変更にはご注意を

弊社サービス「VPNソリューションパック」や「スマートフォンでVPN」等では、

お客様で通信できないなどのネットワークのトラブルが発生した場合、

VPNルータにリモートアクセスしてトラブルの原因を切り分けていきます。

ルータにリモートで入れない等、
プロバイダ/フレッツに原因がありそうであれば、お客様に代わって弊社からプロバイダ/フレッツに故障の問い合わせを行い、

実際故障が発生していれば、修理の手配等行います。
 

※サポートの詳細は↓

http://anw.jp/anw_spport.html
 

で、それを踏まえ、先日とあるお客様からトラブルの連絡があったので、いつも通り切り分けを行い

フレッツ部分が怪しそうだったので、フレッツの故障センターに問い合わせをしたのですが、

サポートセンターの人から

「ご利用の回線は、光コラボレーションモデルに変更になっている可能性があるので、こちらでは回線状況をお調べできません」

との回答。。。。

 

※「光コラボレーションモデル」は、
NTT西日本/NTT東日本が提供する光アクセス回線の卸提供を受け、
光コラボレーションモデル事業者が
お客様に提供する光ブロードバンドサービスです。

 

当たり前(?)ですが、光コラボレーションモデルに変更すると、アクセス回線のお客様の契約先はNTT東日本/西日本ではなく

光コラボレーション事業者に変更となるので

故障の受け付けも、NTT東日本/西日本ではなく、光コラボレーション事業者へ連絡になるんです。

 

 

じゃあNTT東日本/西日本じゃなく、光コラボレーション事業者に連絡すればいいじゃんって話ですが

光コラボレーション事業者によっては、

故障の申告/受付は契約者からのみ受付となる(第3者はNG) こともある(どちらかと言えばこっちのほうが多い??)

ため、注意が必要です。

 

 

ちなみに今回のケースの場合、光コラボレーション事業者が、契約者からのみの故障の受付だったため

弊社からはアクセス回線の状況が確認できず、

そのことをお客様にご説明し、お客様から直接光コラボレーション事業者へ連絡してもらうことになりました・・・・

 

 

このように、
弊社による保守サポートが、一部受けられなくなってしまいますので、
弊社サービスをご利用のお客様は、
「光コラボレーションモデル」への転用にはご注意ください。
ご検討される場合は、まず、弊社までご一報くださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です