ウィルスメールの対策

3月に入って以降、急激にウィルスのメールが増えている気がします。

弊社では、

①ホスティングのメールサーバで迷惑メール対策

②社内のゲートウェイのUTMで迷惑メール/ウィルス対策

③各PCにインストールしてあるアンチウィルスソフトでウィルス対策

(ちなみにそれぞれスキャンのエンジンは別のもの)

という順番でセキュリティチェックをかけていますが

①②をすり抜けて、③でやっと処理できている感じです。

でも③だけでも不安なので、その後

 

④オンラインのウィルススキャンサイトでウィルスチェック

までして、問題ないことを確認してます。

 

 

①のホスティングのサポートに問い合わせると、3月に入ってからかなりウィルスの種類が増え、対応に追われている

とのことで、弊社やそのホスティングの業者だけでなく世間一般的にウィルスが増えている状況だそう。

(世の中的にはそれほど騒がれてない気がしますが・・・・)

 

ちなみに①②ですり抜けたメールは、日数がたてば自動的にブロックされるようになるはずですが、心配なので

①②にそれぞれ検体ファイルを提出し、早急にブロックしてもらえるように依頼をかけてます。

(ひどいときは半日この作業に追われました、、、、)

 

その地道な?作業が報われたかどうかはわかりませんが、

4月に入ってからは、①または②でかなり処理されるようになりました。。。。

(それでも③で処理されるメールも1日1通程度ありますが・・・)

このご時世、アンチウィルスソフト入れているからOKとか、UTMを入れているからOK

という感じでなく、2重3重とセキュリティをかけないと意味がないのかもしれないですね。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です