IE11にバージョンアップ

Microsoftのサポートポリシーが変わって

2016 年 1 月 12 日をもって、利用中の WindowsOS に対応した最新版の IE以外はサポートされなくなります。

サポート終了=修正プログラムが提供されなくなる

なので、サポートの終わったIEに対して新たなセキュリティ上の脆弱性が見つかっても、そのまま放置されることになります。

業務で使うPCはそのまま利用するには問題があるので、全台最新のIEにバージョンアップを行いました。

 

ただ、IEは最新にバージョンアップすると、以前見れていた/使えていた WebサイトやWebアプリケーションが利用できなくなる

(この不安があるのでVerUPしてないなんて人も多いんじゃないでしょうか。)

なんてことはよくあるため、IE11からの機能「エンタープライズモード」を使ってこの問題を回避します。

 

 

エンタープライズモードとは、

「最新版IEを使いつつ、表示等に問題があるときのみセキュリティを確保しながら「古い」IEで表示する」

モードです。

このモードを使えば、IE11を使いながら、表示上はIE8のまま 利用が可能です。

 

以前のIEにも同じような機能で「互換性表示」の機能がありましたが

エンタープライズモードが便利なのは、ドメイン環境がなくても、旧Verで表示させたいページを「一元的」に管理できること

です。

旧Verで表示させたいリストを作成して、ファイルサーバ等に置き、各PCはそのリストを見に行くように設定すればOK

ただし、このリスト自体は自動的に作成されるわけではないので、管理者が各Webアプリケーション等のIEの対応状況を確認してリストを作成しないといけないですが・・・

※IEあげる作業よりもこっちのほうが大変だったり・・・・・

 

詳細は

http://blogs.technet.com/b/jpieblog/archive/2014/08/29/3636801.aspx

あたりを書いてあります。

 

ちなみに「エンタープライズモード」は、Home EditionのOSには搭載されてませんので気を付けて。

(Home系は従来の互換性表示で対応が必要)

 

※エンタープライズモードの設定はグループポリシーでの設定が必要ですが、なぜか弊社PCは全台

IE11にVerアップ後、グループポリシーが正常に起動しない事態が発生しました。

原因不明ですが↓を試したところ、正常に起動したので、同様のことでお困りの方は参考にしてください。

http://blogs.technet.com/b/jpieblog/archive/2015/09/14/3654614.aspx

 

 

ie11

 

古いPCはVerあげるだけで1,2時間かかりましたが、ひとまず、全台作業完了。

 

なんとかMSのサポートポリシーの日程には間に合いました。(ギリギリだけど・・)

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です