Windows10へのアップグレードによる通信速度の影響

2015年7月29日から開始予定のMS社のWindows10への無料アップグレードですが

リリース日直後は、アクセスが集中することにより、アップグレードをしない人でも通信が遅い等の

影響がでる可能性がありそうです。

↓OCNからの注意喚起

 

 

■OCN/マイクロソフト社のWindows 10のリリースについて

http://www.ocn.ne.jp/info/announce/2015/07/21_1.html

 

ここ最近、通常の月例のMicrosoftアップデートでもインターネットが遅くなる事象が発生してたりしますが

今回、この件がどこまで影響がでるかまったく予想できません。

当日朝から影響がでるのか?

それとも当日よりも、その日の夜間や翌日のほうが影響大きい?

影響はどの程度の期間ある?

etc・・・

 

 

来週はこの件で対応も増えそうなので、いつも以上にサポート体制をしっかり整えんといけませんね。

 

 

ちなみに、自分のPCのWindows10への無料アップグレードを止めたいという方は

グループポリシーエディターで止められるようです。

(Home系以外のOSに限る。Home系はレジストリで止めるしかないようですがここでは割愛)

※これをやっても自身のPCがWindows10にならないだけで、上記の通信が遅くなる可能性はとめられませんのであしからず

 

①ファイル名を指定して実行 → gpedit.msc

②「コンピューターの構成」→「管理者テンプレート」→「Windows コンポーネント」

→「Windows Update」→「Turn off the upgrade~~」をダブルクリック

③「Turn off the upgrade~~」を有効

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です