MacPCのDHCP設定

先日、VPNソリューションパック納品時に発生したトラブルです。
その時の納品はもともとお客様で構築されていたVPN環境を、弊社の「VPNソリューションパック」へ構築しなおすという作業だったのですが

お客様から、もともとのルータ(アライド)の設定情報などはいただいていたので、それを基に設計を行ったのですが

いざ作業の当日、ルータを入替を行い、お客様環境で通信試験を行ったところ
まったく通信ができない
という現象が発生・・・
作業員の持ち込みのPCでは通信できてはいたので、お客様のPCのネットワーク設定を確認しようとしたところ
お客様PCは、Mac OS X、、、

 

実はうちの会社、Mac はちょっと苦手なんです。。。。
苦手なリにも、お客様にも協力をいただきながら、やっとネットワーク設定を確認することができ
現状のIPやデフォルトゲートウェイの設定を確認したところ

IPアドレスの設定が

「DHCPサーバを使用(アドレスは手入力)」

mac-dhcp

・・・・ん、何この設定。。。

Windowsの場合、IPアドレスは固定するかDHCPにするか しか選べませんが
Macの場合、こんな設定ができるんですね。

どうやら、この設定、PCのアドレス自体は手動で設定して、デフォルトゲートウェイやDNSはDHCPサーバから取得する
という設定らしいです。

※確かによくよく考えると、本来DHCPの仕様としても、IPアドレスの払い出しは標準機能ですが、デフォルトゲートウェイ、DNSの払い出しはオプションでした。

で、なんでこの設定だと通信できないのか、調べた所
VPNソリューションパック で利用しているVPNルータ はセンチュリーシステムズのNXRシリーズを採用していますが
NXRシリーズのDHCPサーバ機能は、オプション「だけ」払い出す機能がない とのことでした。

そのため、ルータ入替後、まったく通信できない という状況が発生したようです。
(実際は、LAN内の通信だけはできていたと思われますが)

お客さまもなぜ「DHCPサーバを使用(アドレスは手入力)」にしていたかは不明 とのことだったので
Macに関しては全て「DHCPサーバを使用」に変更していただくことになりました。

結果的には無事納品とはなりましたが、ネットワーク切り替えにかなり時間がかかりお客さまにご迷惑をかけてしました。

事前にお客さまのルータの情報(ルータのアドレスやDHCPサーバの設定等)をいただいていたので
まさかこういったことが起きるとは思ってませんでしたが、
ちゃんと苦手なことは苦手と認識し、たぶん大丈夫だろう と思わず事前にちゃんと確認ができていればよかったと反省しております、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です