フレッツ光ネクスト隼に変更後VPNがつながらない?

VPNソリューションパックをご利用のお客さまで

お客様にて回線を

フレッツ光ネクストファミリー → フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼

に変更したときのサポート対応の話です。
回線変更のとき気を付けないといけないのが

・プロバイダがそのままで使えるか

・ルータの設定変更が発生するか

・配線作業(つなぎ替え等)は可能か。(電話の主装置等を経由していてケーブルが抜けないとかはないか)

等を気を付けないといけませんが、

今回のケースの場合、VPNルータの設定変更、プロバイダの変更

は特に必要がなし。

新ONUと旧ONUは近くに設置されるとのことだったので

 

お客様にて

ONU側でLANケーブルのつなぎ替えだけで済む工程を

考えていました。

(ルータまで距離があるのでLANケーブルは流用)

 

【現状】

旧ONU———-VPNルータ

 

新ONU

 

【お客様作業後】

旧ONU

 

新ONU———–VPNルータ

 

で、実際お客様で作業していただくと、新ONUでVPNがつながらない

(というよりPPPoEセッションがつながらない)

という状態でした。

 

同じプロバイダをそのまま使う時、PPPoEのセッションが残っていて、再接続には5分くらいかかる場合があるので、

最初はその問題かと思いましたが

30分以上待ってもつながらないとのこと・・・・

ちなみに元のONUに戻すとつながるようでした。

 

 

考えられることとしては・・・

 

LANケーブルの差込が甘い? →問題なし

新ONUの故障? →NTTに確認したが正常

ONU、ルータ再起動してみる? →再起動しても変わらず

プロバイダは隼に対応している? →対応しているので問題なし

 

ということであと、考えられるのは流用しているLANケーブルになりますが

これがなんと

通常8芯のケーブルですが、4芯のケーブルでした

(カテゴリー3 or 5? のケーブル)

 

↓実際のケーブルではないですがこんな感じでした。

IMG_3094

 

正直、この業界で仕事をするようになって10数年ですが、今まで実際に遭遇したことがないのでびっくりしましたが・・・

 

新ONUのマニュアルみると

対応しているLANケーブルは 8芯のケーブル が条件のようで

旧ONUは(機種名不明のため詳細不明ですが)、4芯でも対応していたと思われます。

 

ということでLANケーブルをカテゴリー5eのに変更したら無事つながるようになりました。

 

4芯のケーブルを使っているケースはかなり少ないとは思いますが

今後こういった回線変更時は注意が必要ですね、、、

といってもルータからリモートで、芯の数はわからないし、NTTから遠隔でONU見てもらってもわからない

ので、現地で直接確認するしかないですが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です