WPA2の脆弱性について

ニュースにもなりましたが

無線LANの通信規格、WPA2  で

10月16日(米国時間)に、暗号鍵を特定される等の脆弱性が発見されたようです。

 

現在わかっていることとしては

この脆弱性については

無線の「クライアント側」

の脆弱性になることのようなので、

無線ルータや、無線APは特に対策は必要なさそうで、

クライアントになる、WindowsPCや、スマホ、タブレット端末側で、対応が必要なようです。

 

※弊社サービス「無線LAN構築保守パック」についても、無線AP側での対応は特に不要です。

 

 

WindowsPCにおいては、すでに修正プログラムが出ているので

Windowsアップデートを適用すればよいらしい。

※ほかのOSは詳細不明。。。

 

この脆弱性をほっておくと、無線LAN経由の通信が盗聴されてしまう可能性がありますので

早めに対応するようにしましょう。

 

※参考URL

バッファロー

無線LAN製品のWPA2の脆弱性について

http://buffalo.jp/support_s/t20171017.html

 

アイ・オー・データ

WPA2の脆弱性に関する弊社調査・対応状況について

http://www.iodata.jp/support/information/2017/wpa2/

 

エレコム

WPA2の脆弱性に関する弊社調査・対応状況について

http://www.elecom.co.jp/support/news/20171018/

 

ヤマハ

「Wi-Fi Protected Access II (WPA2) ハンドシェイクにおいて Nonce およびセッション鍵が再利用される問題」について

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/Security/JVNVU90609033.html

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です