WindowsLiveメールサポート終了。移行先は?

WindowsLiveメールを含む、Windows Essentials 2012  が

2017 年 1 月 10 日 にサポート終了となりました。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13785/essentials-2012-release-notes

サポート終了と同時にダウンロードできなくなったぽいです。

サポート終了になったからと言って、Liveメール自体が使えなくなったりはしませんが

セキュリティ上おすすめしません(セキュリティホールが見つかっても、修正プログラム等が提供されないため)

 

そうすると、どうすればよいかですが

基本的には、別のメールソフトに移行 する

ことになると思います。

別のメールソフトのMSの推奨としては
>代わりになる機能としてお勧めのものはありますか?

>メールは、Windows 8.1 以上に無料の組み込みアプリケーションとして含まれています。

となっており、Windows7利用者はどうしたらよいかわかりません。

 

また、Windows8.1以上に組み込まれている「メール」というアプリもなかなかクセがありそうで

・基本的にはoffice365のアカウントが必要

(通常のメールアカウントと365のアカウントと紐づけて利用)

・POPではなくIMAP

(POP3のみ運用の場合、上記設定にて運用可能だが、動作は限りなくIMAP的に動作(覗くだけ))

・メールデータの移行は、outlook.comにアップロード等が必要

いろいろ移行も運用も大変そう。

 

そうなるとやはり、移行先の第1候補としては「outlook」になるでしょう。

ビジネス用途でPCを使っていれば、officeが入っていることがほとんどですから

別途購入が必要なケースも少ないと思われますし。

 

で、実際Liveメールからの移行(エクスポート)ですが、

同じMS製品ではありますが、すべて簡単に移行できるわけではないようです。

弊社でざっと調べたところ↓のような感じのようです。

 

エクスポート 項目 可否 留意事項
メールデータ フォルダ構成は変わる
(受信フォルダにインポートされるのではなく、移行元のフォルダツリーがそのまま新たに追加される。)
※outlookにもともとあった受信トレイとは別で、Liveメールの受信トレイができます。
アドレス帳 エクスポート時に「名前」のフィールドのチェックボックスのチェックを外さないと、移行後に姓名が逆転表示される場合有 csvへのエクスポート時に文字コードを変更する必要有
署名 不可 outlookにて手動設定 (テキストにコピーしてOutlookに貼り付けることは可能)
アカウント 不可 outlookにて手動設定
振り分けルール 不可 outlookにて手動設定

※同一PCでの移行(エクスポート)を想定

 

ボタンポチッで1発でできるわけではないですし、移行できない項目もたくさんあるのでいろいろ大変ですね。。。。

XPサポート終了ほど大きく騒がれていないのは、たかがメールソフトと軽視されているのか、そもそもliveメールを使っている企業がすくないのかわかりませんが、

Liveメールをご利用の方は早めに対処をすることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です