WindowsLiveMail→Outlookへ移行で失敗

今年2017 年 1 月 10 日にサポート切れになった、WindowsLiveMailですが、

WindowsLiveMailを利用中のお客様から、Outlookへの移行をしたい と相談があったため

実際に作業を実施してきました。

 

前回

WindowsLiveメールサポート終了。移行先は?

でも書きましたが、同じMicrosoft製品ですが、なんでもかんでも移行できるわけではないので

一部手動で移行させないといけなかったり、そもそも移せないものもあったり

しますが、それはお客様にも了解していただいた上での作業となりましたが

 

台数が10台程度だったので、それほど時間がかからないかと思いましたが・・・・

受信したメールを移行する際、半数のPCで移行に失敗する 現象が起きてしまいました、、、

 

失敗する原因としては

Liveメール内に、↓の画像のような「破損したメール」が1通でもあると

データ移行時(エクスポート時)に途中で強制終了してしまうようです。。。

 

 

この「破損したメール」はなぜ起きるのか不明ですが、このお客様の環境だとそれほど通信状況も悪くない

(外出先でモバイル環境で使う端末でもない)ですし

メールの受信数もそれほど多くないので、破損する要因があまり思い当たらないのですが・・・・

※あとで調べたら、そもそもこの破損は「良く」あることのようです、、、

 

この「破損メール」を削除すれば、データの移行は可能ですが

Liveメール上で、この「破損メール」を検索することができないので、目視で探すしかなく大変、、、、

(データ移行に失敗しても、失敗する直前までのメールは移行されているので、それをもとに探すことは可能は可能)

しかも、「破損メール」が複数ある場合は、何度もこの作業しないといけないので、それじゃ時間がいくらあっても足りません。

 

ということで「破損メール」を修復する方法を調べたところ

Windows メールのメッセージ ストアを再構築する方法

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_vista-windows_programs/windows/926ed616-8874-e011-8dfc-68b599b31bf5

というのがあり、これをすることで、この破損メールが自動的に削除してくれるようです。

 

なので、データ移行前に、破損メールがあるなしに問わず、再構築を実施する という作業に急遽変更し

作業を進めることになりました、、、、

 

ただ、この再構築も万全ではなく、再構築しても移行に失敗するPCもあり、その場合は

↑で書いた通り、手動で「破損メール」を見つけ出し削除するか

 

①一旦Liveメール形式でエクスポート(場所は任意のフォルダ)

②エクスポートしたメールを、WindowsLiveメールにインポートし直す

③インポートし直したメール(「インポートされたフォルダー」内の必要分)を

選択し、Microsoft Exchange形式でエクスポート

 

として、LiveメールのデータをLiveメール自身にインポートしなおすこと

でしのぐのがよいそうです。(この方法はあとでわかったので試してません、、、、)

 

Liveメール→Liveメールは 破損したメール があっても正しく処理できるが

Liveメール→Outlook は正しく処理できない

ということのようです

(同じMS製品だからこれくらいはやってほしいなぁ、、、、、、)

 

そもそも、今回半数のPCで「破損メール」があったのが、特別だったのかどうかもよくわかりませんが

やっぱりPCの作業は時間が読めない、、、

もう少し事前の確認や余裕をみた作業スケジュールを見込むべきだったとも反省です。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です